竜巻注意情報通知メッセージ(バージョン1)


パラメータ一覧表

セクション パラメータ タイプ 設定値 意味 備考
details   Array(要素はHash) 以下のパラメータを設定 メッセージの詳細情報設定セクション 竜巻注意情報が設定されます。
  id Number 任意 履歴データユニークID 詳細は こちらのページ を参照ください。
  createid Number 任意 最新データユニークID 詳細は こちらのページ を参照ください。
  datatypename String "jmatornado" 固定 データタイプ名 詳細は こちらのページ を参照ください。
  dataversion Number 1 固定 データバージョン 詳細は こちらのページ を参照ください。
  create_date String ISO8601形式(例:YYYY-MM-DDTHH:MM:SS.mmmmm+HH:MM) データ登録日時 詳細は こちらのページ を参照ください。
  update_date String ISO8601形式(例:YYYY-MM-DDTHH:MM:SS.mmmmm+HH:MM) データ最終更新日時 詳細は こちらのページ を参照ください。
  expire_date String
空文字 または
ISO8601形式(例:YYYY-MM-DDTHH:MM:SS.mmmmm+HH:MM)
データ保持期限日時 詳細は こちらのページ を参照ください。
  xmlid String 【YYYYMMDDhhmmSS】-【XML電文データハッシュ値】 気象庁XML電文ごとに割り振るユニークID
YYYYMMDDhhmmSS値は、電文発信時刻(send_datetime値(UTC))から算出。
XML電文データは、気象庁から配信されるデータ内の気象バイナリデータ本文(XMLのgzip圧縮データ)を指す。
  typecode String "VPHW50" 固定 データ種類コード VPHW50は竜巻注意情報を示す
  title String 気象庁定義値 標題  
  controlstatus String "通常"、 "訓練"、 "試験" 運用種別  
  controlstatuscode String "0"、 "1"、 "2" 運用種別をコード化した情報
0 - 通常
1 - 訓練
2 - 試験
  editorial_office String 気象庁定義値 実際に発表作業を行った官署名  
  publishing_office String 気象庁定義値 業務的に発表した官署名  
  eventid String "" 識別情報 常に空文字
  serial String 気象庁定義値(1~) 情報番号  
  headline String 気象庁定義値 見出し文  
  send_datetime String
気象庁定義値
ISO8601形式(例:YYYY-MM-DDTHH:mm:SSZ(UTC表記))
発信時刻  
  report_datetime String
気象庁定義値
ISO8601形式(例:YYYY-MM-DDTHH:mm:00+09:00(JST表記))
発表時刻 時刻は分単位で刻み、秒は常に00が設定
  target_datetime String
気象庁定義値
ISO8601形式(例:YYYY-MM-DDTHH:mm:00+09:00(JST表記))
基点時刻 時刻は分単位で刻み、秒は常に00が設定
  valid_datetime String
気象庁定義値
ISO8601形式(例:YYYY-MM-DDTHH:mm:00+09:00(JST表記))
失効時刻 時刻は分単位で刻み、秒は常に00が設定
  prefname String 【都道府県名称】または "不明" 竜巻注意情報発令対象の都道府県名称
prefcode値から都道府県名称を取得
対象都道府県が判別できない場合に不明を設定
  prefcode String "01" ~ "47" 竜巻注意情報発令対象の都道府県コード(全国地方公共団体コード)  
  cityname String 気象庁定義値 竜巻注意情報発令対象の市町村名称  
  citycode String 気象庁定義値 竜巻注意情報発令対象の市町村コード  
  infoname String "竜巻注意情報"、"なし" 情報名  
  infocode String "1"、 "0" 情報コードをコード化した情報
1 - 竜巻注意情報
0 - なし
  status String "発表"、"なし" 発表状況  
  statuscode String "1"、 "0" 発表状況をコード化した情報
1 - 発表
0 - なし
  officecode String 気象庁定義値 発信官署コード  

パラメータ詳細

  • xmlid:XML電文ID

    説明 気象庁配信電文(XML)ごとのユニークな値を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文データを基にアプリケーションで独自定義
    設定値 気象庁のXML電文の発信時刻(send_datetime値)とXML電文のハッシュ値(SHA256)を利用し、【YYYYMMDDHHmmSS】+【XML電文ハッシュ値】を設定。
    備考
    XML電文の発信時刻(send_datetime値)はUTC表記。
    同一気象庁XML電文で登録された情報を取得する際などの利用を想定。
  • typecode:データ種類コード

    説明 XML電文のデータ種類コードを設定。
    情報定義元 気象庁通知電文ヘッダ: XML電文のデータ種類コード値部
    設定値 "VPHW50" 固定
    備考 "VPHW50"は竜巻注意情報を示す。
  • title:標題

    説明 情報の標題を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(竜巻注意情報)内:<Report><Head><Title>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考 基となる気象庁XML電文が対象とする地域の名称に続き、”竜巻注意情報”が付加された値を設定。
  • controlstatus:運用種別

    説明 発表された竜巻注意情報の運用種別を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(竜巻注意情報)内:<Report><Control><Status>タグ
    設定値
    情報定義元の値をそのまま設定。
    情報定義元は、「通常」、「訓練」、「試験」のいずれかが設定。
    備考
    通常報について
    - 気象庁が竜巻・突風に対する注意を呼びかける際に発表する竜巻注意情報が元の情報の場合、controlstatusを「通常」で設定します。
    訓練報について
    - 気象庁が不定期で訓練報を通知することがあり、この場合controlstatusを「訓練」で設定します。
    - 訓練報の扱いは、利用者毎の定義となります。
    試験報について
    - 気象庁が不定期で試験報を通知することがあり、この場合controlstatusを「試験」で設定します。
    - 試験報の扱いは、利用者毎の定義となります。
  • controlstatuscode:運用種別コード

    説明 controlstatusをコード化した文字列を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文データを基にアプリケーションで独自定義
    設定値 controlstatus値により下表の条件で設定。
    備考  
    運用種別: controlstatus 運用種別コード: controlstatuscode
    通常 0
    訓練 1
    試験 2
  • editorial_office:編集官署名

    説明 実際に発表作業を行った官署名を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(竜巻注意情報)内:<Report><Control><EditorialOffice>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考  
  • publishing_office:発表官署名

    説明 業務的に発表した官署名を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(竜巻注意情報)内:<Report><Control><PublishingOffice>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考  
  • eventid:識別情報

    説明 識別情報を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(竜巻注意情報)内:<Report><Head><EventID>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考 常に空文字
  • serial:情報番号

    説明 情報の発表番号を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(竜巻注意情報)内:<Report><Head><Serial>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考
    竜巻注意情報の新規発表の場合は「1」となる。
    竜巻注意情報の発表内容の有効時間(1時間)内に続報発表があった場合に値を加算。
  • headline:見出し文

    説明 警戒文を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(竜巻注意情報)内:<Report><Head><Headline><Text>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考  
  • send_datetime:発信時刻

    説明 気象庁システムからの発信時刻を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(竜巻注意情報)内:<Report><Control><DateTime>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考 UTC表記のDateTime型(ISO8601形式(YYYY-MM-DDTHH:mm:SS+09:00))で表記。
  • report_datetime:発表時刻

    説明 発表官署が竜巻注意情報を発表した時刻を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(竜巻注意情報)内:<Report><Head><ReportDateTime>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考
    JST表記のDateTime型(ISO8601形式(YYYY-MM-DDTHH:mm:SS+09:00))で表記。
    時刻は分単位で、秒は常に"00"
  • target_datetime:基点時刻

    説明 基点時刻を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(竜巻注意情報)内:<Report><Head><TargetDateTime>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考 UTC表記のDateTime型(ISO8601形式(YYYY-MM-DDTHH:mm:SS+09:00))で表記。
  • valid_datetime:失効時刻

    説明 竜巻注意情報の失効時刻を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(竜巻注意情報)内:<Report><Head><ValidDateTime>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考
    JST表記のDateTime型(ISO8601形式(YYYY-MM-DDTHH:mm:SS+09:00))で表記。
    時刻は分単位で、秒は常に"00"
  • prefname:都道府県名称

    説明 竜巻注意情報の対象となる都道府県名称を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文データを基にアプリケーションで独自定義
    設定値 【都道府県名称】または "不明"
    備考
    prefcode値から都道府県名称を取得する。
    都道府県が判別できない場合は「不明」を設定する。
  • prefcode:都道府県コード

    説明 竜巻注意情報の対象となる都道府県コードを設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(竜巻注意情報)内:<Report><Head><Headline><Information type="竜巻注意情報(発表細分")><Item><Areas codeType="気象情報/府県予報区・細分区域等"><Area><Code>タグ
    設定値 情報定義元値の先頭2桁("01" ~ "47")
    備考 総務省定義の全国地方公共団体コード に準ずる。
  • citycode:市町村コード

    説明 竜巻注意情報の対象となる市町村コードを設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(竜巻注意情報)内:<Report><Body><Warning type="竜巻注意情報(市町村等)"><Item><Area><Code>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考
    上記サイトのコード管理表及び個別コード表の『個別コード表[zip形式]』内の、「YYYYMMDD_AreaInformationCity-AreaForecastLocalM.xls」のAreaInformationCityシートA列の定義を参照。
    総務省で定義された「全国地方公共団体コード」の市町村コードではありません。
  • cityname:市町村名称

    説明 竜巻注意情報の対象となる市町村名称を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(竜巻注意情報)内:<Report><Body><Warning type="竜巻注意情報(市町村等)"><Item><Area><Name>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考
    上記サイトのコード管理表及び個別コード表の『個別コード表[zip形式]』内の、「YYYYMMDD_AreaInformationCity-AreaForecastLocalM.xls」のAreaInformationCityシートC列の定義を参照。
  • infoname:情報名

    説明 竜巻注意情報の情報名を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(竜巻注意情報)内:<Report><Body><Warning type="竜巻注意情報(市町村等)"><Item><Kind><Name>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考  
  • infocode:情報コード

    説明 竜巻注意情報の情報名をコード化した値を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(竜巻注意情報)内:<Report><Body><Warning type="竜巻注意情報(市町村等)"><Item><Kind><Code>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考  
    情報名
    (infoname)
    情報名コード
    (infocode)
    "竜巻注意情報" 1
    "なし" 0
  • status:発表状況

    説明 竜巻注意情報の発表状況を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(竜巻注意情報)内:<Report><Body><Warning type="竜巻注意情報(市町村等)"><Item><Kind><Status>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考  
  • statuscode:発表状況コード

    説明 竜巻注意情報の発表状況をコード化した値を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文データを基にアプリケーションで独自定義
    設定値 発表状況(status)により、以下の条件で設定。
    備考  
    発表状況
    (status)
    発表状況コード
    (statuscode)
    "発表" 1
    "なし" 0
  • officecode:発信官署コード

    説明 電文の発信を行った官署コード値を設定。
    情報定義元 気象庁通知電文ヘッダ: 発信官署コード値部
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考
    上記サイトの『気象庁防災情報XML形式の電文配信に用いるデータ種類コードについて』の別紙2の定義を参照。

WebSocket APIから通知されるメッセージ例

"version": {                                     // バージョン情報(全パラメータ必須)
  "common_version": "1",                         // [common]区のバージョンが指定
  "details_version": "1"                         // [details]区のバージョンが指定
},
"common": {                                      // 共通情報(全パラメータ必須)
  "datatype": "jmatornado",                      // 通知メッセージ種別
  "msgid": "server1-jmatornado-20141006100000",  // メッセージID
  "sendid": "server1",                           // 発信元ID
  "senddatetime": "2014-10-06 10:00:00+0900"     // 発信時刻
},
"details": [                                     // メッセージ詳細(全パラメータ必須)
  {
    "id": 2151796,                               // 履歴データID
    "createid": 218312,                          // 最新データID
    "datatypename": "jmatornado",                   // データタイプ名
    "dataversion": 1,                               // データバージョン
    "create_date": "2015-02-11T03:46:11.96+09:00",  // データ登録日時
    "update_date": "2015-03-06T15:27:09.23+09:00",  // データ更新日時
    "expire_date":  "",                             // データ保持期限日時
    "xmlid": "20150213064200-a2add0042c71449f009a649faf0f0d8a85b400d7f1c43d28099825bd198ff4e5",
    "typecode": "VPHW50",                           // データ種類コード
    "controlstatus": "通常",                        // 運用種別
    "controlstatuscode": "0",                       // 運用種別コード
    "title" : "神奈川県竜巻注意情報",                     // 標題
    "controlstatus" : "通常",                             // 運用種別
    "controlstatuscode" : "0",                            // 運用種別コード
    "editorial_office" : "横浜地方気象台",                // 編集官署名
    "publishing_office" : "横浜地方気象台",               // 発表官署名
    "officecode" : "JPTF",                                // 発信官署コード
    "eventid" : "",                                       // 識別情報
    "serial" : "1",                                       // 識別番号

    "headline" : "【目撃情報あり】神奈川県西部で竜巻などの激しい突風が発生したとみられます。神奈川県は、竜巻などの激しい突風が発生するおそれが非常に高まっています。空の様子に注意してください。雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。落雷、ひょう、急な強い雨にも注意してください。",
                                                          // 見出し文
    "send_datetime" : "2015-02-13T06:42:00Z",             // 発信時刻
    "report_datetime" : "2015-02-13T15:42:00+09:00",      // 発表時刻
    "target_datetime" : "2015-02-13T15:42:00+09:00",      // 基点時刻
    "valid_datetime" : "2015-02-13T15:50:00+09:00",       // 失効時刻
    "prefname" : "神奈川県",                              // 対象都道府県名称
    "prefcode" : "14",                                    // 対象都道府県コード
    "cityname" : "清川村",                                // 対象市町村名称
    "citycode" : "1440200",                               // 対象市町村コード
    "infoname" : "竜巻注意情報",                          // 情報名
    "infocode" : "1",                                     // 情報コード
    "status" : "発表",                                    // 発表状況
    "statuscode" : "1",                                   // 発表状況コード
  }
]