REST API仕様(噴火速報)


噴火速報について

  • 噴火速報は、気象庁から発表される情報を元に噴火の発生事実をお知らせするものです。
  • 本サービスは、気象庁発表の噴火速報を用いて火山名や発表対象地域をお知らせするものです。

注意事項

  • 本サービスは、噴火の発生を予知するものではありません。
  • 本サービスは、気象庁が発表する噴火速報に含まれる情報(火山情報、対象地域)を元に噴火の発生に関する情報をお知らせするものです。
  • 噴火速報は気象庁が常時観測している各火山を対象に発表しますが、以下のような場合には発表されませんのでご留意ください。
    • 普段から噴火している火山において、普段と同じ規模の噴火が発生した場合
    • 噴火の規模が小さく、噴火が発生した事実をすぐに確認できない場合
  • 噴火速報についての詳細は、 気象庁のwebサイト でご確認ください。
  • 噴火速報のデータには、「通常」「訓練」「試験」のモードが存在しており、データを利用する際にはこれらのモードに対して適切な処理を行ってください。
    • 例えば「訓練」「試験」モードのデータは利用しない、利用する場合は明らかに 訓練 や 試験 であることが分かるようにするなど、利用者の混乱を避けてください。
    • 「訓練」「試験」モードのデータを、「通常」データであるかのような処理は 行わない でください。
    • モードの誤用によるトラブルについては、弊社は一切の責任を負わないものとします。

噴火速報のデータについて

  • 気象庁発表の噴火速報を元に、発表地域ごとに噴火情報などをREST API経由で登録/検索します。
    • 噴火速報に関する情報のXML電文仕様は、 気象庁防災情報XMLフォーマット | 技術資料 の電文毎の解説資料:解説資料セット[zip形式]に含まれる、『地震火山関連_解説資料.pdf』の「噴火速報」に記載されています。
    • XML電文は、上記サイト内のサンプルデータで確認できます。
  • 本サービスでは、気象庁定義の地域コード・運用種別・火山コードごとに噴火情報を保持します。
    • 1つの地域につき、運用種別:「通常」「訓練」「試験」の3レコードを最大で保持します。
    • 発表されたことのない情報はレコードとして存在しません。(ある地域で噴火速報が発表されたことがない場合)

REST API 噴火速報データ仕様

  • 噴火速報をREST APIから取得する際、APIパラメータのqueryセクションのdatatypenameには、"jmaeruption_flash"を設定します。
  • REST APIで取得できるデータはバージョンにより異なります。