台風情報(全般台風情報・発達する熱帯低気圧に関する情報)通知メッセージ(バージョン1)


パラメータ一覧表

セクション パラメータ タイプ 設定値 意味 備考
details   Array(要素はHash) 以下のパラメータを設定 メッセージの詳細情報設定セクション 台風に関する情報が設定されます。
  id Number 任意 履歴データユニークID 詳細は こちらのページ を参照ください。
  createid Number 任意 最新データユニークID 詳細は こちらのページ を参照ください。
  datatypename String jmatyphoon 固定 データタイプ名 詳細は こちらのページ を参照ください。
  dataversion Number 1 固定 データバージョン 詳細は こちらのページ を参照ください。
  create_date String ISO8601形式(例:YYYY-MM-DDTHH:MM:SS.mmmmm+HH:MM) データ登録日時 詳細は こちらのページ を参照ください。
  update_date String ISO8601形式(例:YYYY-MM-DDTHH:MM:SS.mmmmm+HH:MM) データ最終更新日時 詳細は こちらのページ を参照ください。
  expire_date String 空文字 データ保持期限日時 詳細は こちらのページ を参照ください。
  xmlid String 【YYYYMMDDhhmmSS】-【XML電文データハッシュ値】 気象庁XML電文ごとに割り振るユニークID
YYYYMMDDhhmmSS値は、電文発信時刻(send_datetime値(UTC))から算出。
XML電文データは、気象庁から配信されるデータ内の気象バイナリデータ本文(XMLのgzip圧縮データ)を指す。
  typecode String
気象庁定義値
"VPTI50"または"VPTI51"
データ種類コード
VPTI50 - 「全般台風情報(総合情報・上陸等情報)」
VPTI51 - 「全般台風情報(位置・発生情報)」または「発達する熱帯低気圧に関する情報」
  controlstatus String
気象庁定義値
"通常", "訓練", "試験"
運用種別  
  controlstatuscode String "0", "1", "2" 運用種別をコード化した情報
0 - 通常
1 - 訓練
2 - 試験
  infotype String
気象庁定義値
"発表", "訂正", "取消"
情報形態  
  infotypecode String "1", "2", "3" 情報形態をコード化した情報
1 - 発表
2 - 訂正
3 - 取消
  reporttype String "0", "1" 発表情報種別
0 - 熱帯低気圧に関する情報
1 - 台風に関する情報
  eventid String 気象庁定義値 TC番号(台風識別番号)  
  serial String 気象庁定義値 情報の発表番号  
  title String 気象庁定義値 標題  
  headline String 気象庁定義値 見出し文  
  comment String 気象庁定義値 台風情報(一般報)の内容  
  send_datetime String
気象庁定義値
ISO8601形式(例:YYYY-MM-DDTHH:mm:SSZ(UTC表記))
発信時刻  
  report_datetime String
気象庁定義値
ISO8601形式(例:YYYY-MM-DDTHH:mm:00+09:00(JST表記))
発表時刻 時刻は分単位で刻み、秒は常に00が設定
  editorial_office String 気象庁定義値 実際に発表作業を行った官署名  
  publishing_office String 気象庁定義値 業務的に発表した官署名  
  officecode String 気象庁定義値 発信官署コード  

パラメータ詳細

  • xmlid:XML電文ID

    説明 気象庁配信電文(XML)ごとのユニークな値を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文データを基にアプリケーションで独自定義
    設定値 気象庁のXML電文の発信時刻(send_datetime値)とXML電文のハッシュ値(SHA256)を利用し、【YYYYMMDDHHmmSS】+ 【XML電文ハッシュ値】を設定。
    備考
    XML電文の発信時刻(send_datetime値)はUTC表記
    同一気象庁XML電文で登録された情報を取得する際などの利用を想定。
  • typecode:データ種類コード

    説明 XML電文のデータ種類コードを設定。
    情報定義元 気象庁通知電文ヘッダ: XML電文のデータ種類コード値部
    設定値 台風情報(全般台風情報・発達する熱帯低気圧に関する情報)では、「VPTI50」または「VPTI51」を設定。
    備考
    VPTI50: 全般台風情報(総合情報・上陸情報)
    VPTI51: 全般台風情報(位置・発生情報)または発達する熱帯低気圧に関する情報
  • controlstatus:運用種別

    説明 発表された台風情報(全般台風情報・発達する熱帯低気圧に関する情報)の運用種別を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(台風情報)内:<Report><Control><Status>タグ
    設定値
    情報定義元の値をそのまま設定。
    情報定義元は、「通常」、「訓練」、「試験」のいずれかが設定。
    備考
    通常報について
    - 台風に関する情報を発表する台風情報(全般台風情報・発達する熱帯低気圧に関する情報)が元の情報の場合、controlstatusを"通常"で設定します。
    訓練報について
    - 気象庁が不定期で訓練報を通知することがあり、この場合controlstatusを"訓練"で設定します。
    - 訓練報の扱いは、利用者毎の定義となります。
    試験報について
    - 気象庁が不定期で試験報を通知することがあり、この場合controlstatusを「試験」で設定。
    - 上述以外に、端末設置時などで台風情報の受信が行えるかの試験を行う場合、controlstatusを「試験」で設定することがある。
    - 試験報の扱いは、利用者毎の定義となります。
  • controlstatuscode:運用種別コード

    説明 controlstatusをコード化した文字列を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文データを基にアプリケーションで独自定義
    設定値 controlstatus値により下表の条件で設定。
    備考  
    運用種別: controlstatus 運用種別コード: controlstatuscode
    通常 0
    訓練 1
    試験 2
  • infotype:情報形態

    説明 情報の発表形態を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(台風情報)内:<Report><Head><InfoType>タグ
    設定値
    情報定義元の値をそのまま設定。
    情報定義元は、「発表」、「訂正」、「取消」のいずれかが設定。
    備考  
  • infotypecode:情報形態コード

    説明 infotypeをコード化した文字列を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文データを基にアプリケーションで独自定義
    設定値 infotype値により下表の条件で設定。
    備考  
    情報形態: infotype 情報形態コード: infotypecode
    発表 1
    訂正 2
    取消 3
  • reporttype:発表情報種別

    説明 気象庁の発表した情報の種別を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文データを基にアプリケーションで独自定義
    設定値
    気象庁XML電文(台風情報)内:<Report><Head><Title>タグ内の値を基に、以下の条件で設定。
    <Title>タグ値に「発達する熱帯低気圧に関する情報」が含まれる場合は、「熱帯低気圧に関する情報」として0を設定。
    上述以外の場合は、「台風に関する情報」として1を設定。
    備考  
  • eventid:TC番号(台風識別番号)

    説明 台風情報(全般台風情報・発達する熱帯低気圧に関する情報)の台風を識別するための情報を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(台風情報)内:<Report><Head><EventID>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考
    TC番号は、海上風警報(最大風速28ノット以上34ノット未満)以上を対象とする熱帯攪乱に年間通番でつける番号のこと。台風は34ノット以上です。
    書式は、TC + 4桁の数字(西暦下二桁の数字 + 年間通番熱帯攪乱番号(二桁))です。
    「発達する熱帯低気圧に関する情報」対象の熱帯低気圧が台風に変化した場合、「台風に関する情報」で付与されるTC番号は同一となります。
    台風識別番号の名称は、情報を説明する際に分かりやすさを考慮して独自に命名したものです。
  • serial:情報番号

    説明 情報の発表番号を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(台風情報)内:<Report><Head><Serial>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考
    台風になる前の「熱帯低気圧に関する情報」の場合、x-yの形式で設定される。
    熱帯低気圧に対して付与される年間通番がx、同一熱帯低気圧に対して付与される一連の情報番号がy。x、yともに2桁の固定長。(例: 03-01)
    「台風に関する情報」の内、台風発生時に発信される全般台風情報(発生情報)である場合は、空文字となる。
    「台風に関する情報」の内、全般台風情報(総合情報・上陸等情報)、全般台風情報(位置)である場合は、通番で1から開始し以降同一情報の更新毎に加算される。
  • title:標題

    説明 本情報の具体的な内容を示す値を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(台風情報)内:<Report><Head><Title>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考  
  • headline:見出し文

    説明 見出しの内容を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(台風情報)内:<Report><Head><Headline><Text>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考  
  • comment:内容

    説明 一般報(台風情報)設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(台風情報)内:<Report><Body><Comment><Text>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考  
  • send_datetime:発信時刻

    説明 気象庁システムからの発信時刻を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(台風情報)内:<Report><Control><DateTime>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考 UTC表記のDateTime型
  • report_datetime:発表時刻

    説明 発表官署が風情報(全般台風情報・発達する熱帯低気圧に関する情報)を発表した時刻を設定
    情報定義元 気象庁XML電文(台風情報)内:<Report><Head><ReportDateTime>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考
    JST表記のDateTime型
    時刻は分単位で、秒は常に"00"
  • editorial_office:編集官署名

    説明 実際に発表作業を行った官署名を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(台風情報)内:<Report><Control><EditorialOffice>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考  
  • publishing_office:発表官署名

    説明 業務的に発表した官署名を設定。
    情報定義元 気象庁XML電文(台風情報)内:<Report><Control><PublishingOffice>タグ
    設定値 情報定義元の値をそのまま設定。
    備考  
  • officecode:発信官署コード

    説明 電文の発信を行った官署コード値を設定。
    情報定義元 気象庁通知電文ヘッダ: 発信官署コード値部
    設定値
    情報定義元の値をそのまま設定。
    設定されるコード値とそれに対応する官署名を下表に示す。
    備考  
    発信官署コード(英字発信官署名) 気象官署名
    JPSP 札幌管区気象台
    JPSA 稚内地方気象台
    JPSB 網走地方気象台
    JPSC 旭川地方気象台
    JPSD 釧路地方気象台
    JPSJ 帯広測候所
    JPSE 室蘭地方気象台
    JPSF 函館海洋気象台
    JPSN 仙台管区気象台
    JPDA 青森地方気象台
    JPDB 秋田地方気象台
    JPDC 盛岡地方気象台
    JPDD 山形地方気象台
    JPDE 福島地方気象台
    JPTK 東京管区気象台
    RJTD 気象庁本庁
    JPTA 宇都宮地方気象台
    JPTB 前橋地方気象台
    JPTC 熊谷地方気象台
    JPTD 水戸地方気象台
    JPTE 銚子地方気象台
    JPTF 横浜地方気象台
    JPTG 長野地方気象台
    JPTH 甲府地方気象台
    JPGY 名古屋地方気象台
    JPGA 静岡地方気象台
    JPGB 岐阜地方気象台
    JPGC 津地方気象台
    JPNI 新潟地方気象台
    JPNA 富山地方気象台
    JPNB 金沢地方気象台
    JPNC 福井地方気象台
    JPOS 大阪管区気象台
    JPOA 京都地方気象台
    JPOF 舞鶴海洋気象台
    JPOB 神戸海洋気象台
    JPOC 奈良地方気象台
    JPOD 彦根地方気象台
    JPOE 和歌山地方気象台
    JPHR 広島地方気象台
    JPHA 鳥取地方気象台
    JPHB 松江地方気象台
    JPHC 岡山地方気象台
    JPMT 高松地方気象台
    JPMA 松山地方気象台
    JPMB 徳島地方気象台
    JPMC 高知地方気象台
    JPFK 福岡地方気象台
    JPFA 下関地方気象台
    JPFB 大分地方気象台
    JPFC 佐賀地方気象台
    JPFD 熊本地方気象台
    JPFE 長崎海洋気象台
    JPKG 鹿児島地方気象台
    JPKC 名瀬測候所
    JPKA 宮崎地方気象台
    JPOK 沖縄気象台
    JPWA 南大東島地方気象台
    JPWB 宮古島地方気象台
    JPWC 石垣島地方気象台

WebSocket APIから通知されるメッセージ例

"version": {                                    // バージョン情報(全パラメータ必須)
  "common_version": "1",                          // [common]区のバージョンが指定
  "details_version": "1"                          // [details]区のバージョンが指定
},
"common": {                                     // 共通情報(全パラメータ必須)
  "datatype": "jmatyphooon",                      // 通知メッセージ種別
  "msgid": "server1-jmatyphoon-20170209000000",   // メッセージID
  "sendid": "server1",                            // 発信元ID
  "senddatetime": "2016-09-20 01:44:39+0900"      // 発信時刻
},
"details": [                                    // メッセージ詳細(全パラメータ必須)
  {
    "id" : 1243648,                                       // 履歴データID
    "createid" : 1344649,                                 // 最新データID
    "datatypename" : "jmatyphoon",                        // データタイプ名(台風情報(全般台風情報・発達する熱帯低気圧に関する情報)=jmatyphoon)
    "dataversion" : 1,                                    // データバージョン
    "create_date" : "2016-09-19T10:18:38.341966+09:00",   // データ登録日時
    "update_date" : "2016-09-20T01:44:39.211226+09:00",   // データ更新日時
    "expire_date" : "",                                   // データ保存期限日時
    "xmlid" : "20160919164345-57e2a99d00dcd92cc91729683879962dccecfa78c88f5511306c21fb01f994f4",
                                                          // XMLID
    "typecode" : "VPTI51",                                // データ種類コード
    "controlstatus" : "通常",                             // 運用種別
    "controlstatuscode" : "0",                            // 運用種別コード
    "infotype" : "発表",                                  // 発表形態
    "infotypecode" : "1",                                 // 発表形態コード
    "reporttype" : "1",                                   // 発表情報種別
    "eventid" : "TC1623",                                 // TC番号(台風識別番号)
    "serial" : "91",                                      // 発表番号
    "title" : "平成28年 台風第16号に関する情報 第91号 (位置)",
                                                          // 標題
    "headline" : " 非常に強い台風第16号は、鹿屋市付近を
    1時間におよそ30キロの速さで東北東へ進んでいます。",
                                                          // 見出し文
    "comment" : " 非常に強い台風第16号は、20日1時には
    鹿屋市付近の
    北緯31度10分、東経130度55分にあって、
    1時間におよそ30キロの速さで東北東へ進んでいます。
    中心の気圧は945ヘクトパスカル
    中心付近の最大風速は45メートル、
    最大瞬間風速は60メートルで
    中心から半径110キロ以内では
    風速25メートル以上の暴風となっています。
    また、中心の北西側440キロ以内と南東側280キロ以内では
    風速15メートル以上の強い風が吹いています。

    この台風は20日2時には、串間市付近の
    北緯31度20分、東経131度10分にあって、
    1時間におよそ30キロの速さで東北東へ進んで
    いるものと推定されます。

    今後の台風情報にご注意下さい。",
                                                          // 情報内容
    "send_datetime" : "2016-09-19T16:43:45Z",             // 発信時刻
    "report_datetime" : "2016-09-20T01:45:00+09:00",      // 発表時刻
    "editorial_office" : "気象庁本庁",                    // 編集官署名
    "publishing_office" : "気象庁予報部",                 // 発表官署名
    "officecode" : "RJTD",                                // 発信官署コード
  }
]